how to care

【真鍮製品のお手入れについて】

真鍮は、使い込むほど、味わい・風合いが出てきます。


湿気や塩分に弱いため、ご使用後は、柔らかい布で汗や汚れを拭き取り、通気性の良い場所に保管してください。


表面のざらつき、べたつきが取れない場合、石けんや中性洗剤で水洗いし、よく乾かしてください。

手入れをせず放置しておくと、緑青という緑色のさびが発生することがあります。


毒性はなく人体への影響はありませんが、肌や衣類に色移りしますので、以下のいずれかの方法でお手入れしてください。

 ●重曹で洗う(重曹2:水1)


 ●酢に同量の塩を混ぜ、しばらく漬けてから擦り洗いする


    どちらの場合も、よく水洗いし、柔らかい布で拭き取り、十分に乾燥させてください。



 ●金属磨き(クリームまたはクロス)で磨く *光沢を出したい場合 

【チェーンのお手入れについて】

 


真鍮ネックレスのペンダントトップは真鍮素材、チェーンは丹銅という素材です。

(材料販売店、アクセサリーショップでは、区別せず、「真鍮」と表記しているところも多いです)

丹銅とは、真鍮と同じく銅と亜鉛の合金ですが、真鍮と比べ、亜鉛の含有量が少なく赤みを帯びています。

 

下地にニッケルを使用したメッキ処理がされているチェーンが大半ですが、金属アレルギーの原因になりやすいため、Klangでは、ニッケルを使用せず、金古美(アンティーク)メッキをかけたものをして外注しております。

ご使用後に柔らかい布で汗や汚れをやさしく拭き取ってください。汚れが気になる場合、石けんや中性洗剤で水洗いし、よく乾かしてください。

ワイヤーブラシなどで力強く擦ったり、研磨剤を使うと、メッキが剥がれる可能性があります。

シルバーと違い、丹銅チェーンに関しては、永久的に色味が変わらず使用できるものではないことをご了承ください。


汗の気になる時期は、革ひもやワックスコードなどで代用していただくのもおすすめです。

 


 


【シルバー製品のお手入れについて】

シルバーは、空気中の硫黄分などと反応して、時間が経つにつれ表面が黒く変色していきます。(硫化といいます。)


ご使用後、柔らかい布で汗や汚れを拭き取り、チャック付きビニール袋などに保管しておくと、変色しづらくなります。


表面のざらつき、べたつきが取れない場合、石けんや中性洗剤で水洗いし、よく乾かしてください。

 ●クロス


 研磨剤を含んだジュエリー用クロスで拭くと、きれいになります。


 クロスは黒くなっても使えるので、洗濯はしないでください。

 ●液体クリーナー


 チェーンや彫りが深いものなど磨きづらい場合に使うことをお薦めします。


 強力なので、他素材を使っているものには注意が必要です。